<2018.05最新版>「ヨーロッパ最後の独裁国家」ベラルーシ観光ビザ取得方法

みなさんこんにちは。旅のクリエイターやのゆーです。世界一周まであと11日となり、ビザ申請ウィークも大詰めを迎えてきたと言えるでしょう。現段階で残るはパキスタンビザのみ!後は現地での取得にする。

 

今回はベラルーシの観光ビザの取得方法について。本日無事受領してきたので発信させていただきます。

 

このページは主に旅人向けに書いているからベラルーシというとわかるかもしれない。どういう国かは7月15日以降のブログに掲載していくつもりであるけど、簡単に説明しておくと

 

・ソビエト連邦を形成していた共産圏の国。当時の名称は白ロシア・ソビエト社会主義共和国

・ヨーロッパ圏最後の独裁国家(EU未加盟。加盟する気もなく、EUからは経済制裁も受けている)

・親ロシア国家で、ロシアとの間の国境は審査が存在しない。半分ロシアの一部と化している。

・観光客は旅行会社を通じビザを発行せねばならない。

 

聞いただけでもワクワクしますね。そんな旅人を震わせるこの国も一応観光業の発展を望んでいるようで、2017年2月12日から空路での入出国による5日間のみのビザフリーが開始されたようです。

また、よくバックパッカーの使う手として入国時から2日間のみ有効の通過ビザの発行という手もあります。

 

ただ、現地民との交流や地方の観光も日々勉強してきた観光学部のやのゆーは思うのです。5日間じゃ足りない、と。そんな経緯もあってベラルーシの観光ビザ(最高30日間有効)を発行してきたのであります。

 

ベラルーシの観光ビザ発給に必要なもの

旅行会社招聘状(いわゆるバウチャーというものです)

保険証書

パスポート

写真

ビザ申請用紙

 

まず旅行会社の招聘状ですが、この会社が発行してくれます。

http://www.belarussianvisa.com/index.php?country=47

ページを開いたら❶の項目でJapaneseを選択、❷は一番上のSingle entry tourist /5 business daysを選択しよう。自分で支払うのはour feeの37.5ドルのみ。EMBASSY FEEは関係ないので安心してください。

orderを押したら入力する項目欄が出るので一つずつ入れていく。 Address of stay in Belarus(宿泊先)はBooking.comから適当に探そう。

Work addressは職場ですが、学生の僕は通っている大学名と住所を入れておきました。

入力が完了したら支払い。クレジットカード、ペイパルが使用可。

 

そうすると数日後に入力したアドレスに招聘状が届くので印刷して準備完了です。このような書類が7枚届きます。

また、招聘状は送っても3〜5日かかるので準備はお早めに!僕はなかなか来ないことに気を揉んで急かしたらこんな風に優しすぎる返信が来て恥ずかしくなったのでとにかく焦らないで。

 

 

次に保険証書です。これに関してはクレジットカード付帯の海外保険でも可能なので、クレジットカード会社に電話して保険証書をもらいましょう。無料で英語の証書を送ってもらえます。

 

ビザの申請用紙ですが、先ほどの旅行会社が宿泊先などが入力された用紙も一緒に送ってくれるので印刷しましょう。ただ、なぜか全部書いてくれているわけではないので、ベラルーシ大使館が配っている日本語表記のある申請用紙を見ながら英語もしくはロシア語で埋めましょう。

ベラルーシ大使館HP↓

http://japan.mfa.gov.by/ja/visa/jp/e070f9a179771296.html

日本語表記でもよくわからないものはここに記しておきます

発行機関=外務省(MOFAと記入)

フラット番号=郵便番号。ベラルーシの場合住所に書かれている6桁の番号のことです。

ベラルーシ共和国への入国のための移動手段=僕はリトアニア・ビュリニュスからバスだったので、「Bus from Vilnius to Minsk」としました。

飛行ルート=国内移動手段と出国方法です。ミンスクからキエフへバスで抜けるので「Bus from Minsk to Kiev」とさせてもらった。

医療保険に関する情報=保険証書に書かれている会社の名前・住所・電話番号を書く。有効期限はクレジットカード保険の場合出発日から90日間。

 

写真は3.5×4.5のパスポートサイズを一枚。

 

後は大使館へ向かいましょう。五反田駅もしくは目黒駅から徒歩15分ほどです。

閑静な住宅街にある豪華な一軒家が大使館です。正面玄関のインターホンを押すと日本人のおばちゃん(日本語)もしくはベラルーシ人(英語)の声が聞こえるので、指示にしたがって家の脇にある裏門から入りましょう。なお、裏門から入ると大使館に入るためのドアがありますがノックしないと開きません。ノックして開けてもらいましょう。

 

そこまできたらチェックしてもらい指示された日に受け取りに行きましょう。受領までは7日間でした。

受け取ったら完了!最大30日間ベラルーシに入国できますよ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

埼玉の大学で観光を学ぶ大学生。ディズニー好きが高じて海外ディズニーにハマるものの、旅を続けるうちにイスラーム圏に注目してしまう。パリの移民街にもハマり、築けばイラン・イラクをはじめとした「反米」パスポートを持ったディズニーオタクに。 現在はパリの郊外移民を知るべくフランス語を勉強中。ジャーナリストを目指してます。